18159 (1200×900).jpg

OMO戦略

オンラインとオフラインの融合でリアル世界をデジタル世界に包含

いつでもどこでも常時ネットワークに高速で接続されて大量のデータが取得可能となった2022年現在、どこでもデジタル決済が可能となり、幅広い種類の高品質なセンサーがあらゆる場所に存在します。

リアルなオフラインデータもオンラインで接続され、これまでオフラインだとして捕捉されなかった行動データもオンラインデータとなり、IDに紐付けられます。

OMO: Online Merges with Offilineは、リアル世界がデジタル世界に包み込まれた状況であり、その活用によって、プロダクトやサービスにデジタルサービスのレイヤー(層)を重ねてソリューションを提供し、顧客接点のデータを統合的に蓄積、分析し、個々のユーザーの顧客体験を継続的に向上させることが可能となります。

OMO環境の進展の中で、企業競争力のキーファクターとなるのは、エンドユーザーの顧客体験の徹底的、継続的な向上を追求していくことです。

そのためには、高頻度で取得されるデータを戦略目的に合致するよう「意味ある形」で分析でき、データを構造的に格納するシステムを構築し、プロダクト/サービス、UXを高速にカイゼンできる体制が必要です。

リアルな存在であるユーザーの行動を効率的に無駄なく把握し、

分析可能な形で蓄積・格納して利活用することによる、

野心的なビジョンと圧倒的に高い目標の達成に向けて、

OMO戦略を実行するための知見をトリリオンパートナーズがご提供します。